この世界にいて、長いこと続けている役者のほとんどが、
若い頃、いや、もしかしたら今も、アルバイトで経験したであろう大道具の仕事。

向き不向きは別として、ガチ袋下げて、慣れない手つきで釘を打つ。
大道具さんや演出部から横目で「にやり」とされながらも必死の作業を継続。
舞台監督から、「えっ、今終わったの・・・・ああ、ありがとう・・・・」のやさしいお言葉。

時間が空いて、ふと気がつくと、自分の作業したところがきれいに直っている・・・・(汗)

そんな経験あるでしょう。

まあ、向いていない人は別として、僕はこの作業から多くの事を学びました。

そこから芝居屋として出発したのです。

いつの間にやら、色々やりました。
大渡具さん、小道具さん、音響さん、照明さん・・・・

仮面ライダーからウルトラマン、ショッカー、怪獣もデパートでやったっけなあ。
そんなデパートのショーの制作兼出演者兼司会者兼ドライバーもずいぶんとやりました。

あれ、これは、裏方とは関係ないかな。

あると思うなあ・・・・

何でも屋の学習がこのときからすでに始まっていたんだな・・・・