詐欺師野郎!絶対に許さないぞ!/2012年5月22日(火)

母を通院させるために実家に行き、玄関を入るとすぐにとんでもないことになっていることに気が付きました。
そう、それは、親父が大切にしていた彫刻家「向井良吉」さんから頂いた彫刻が、その置き場所から消えていたのです。

実は、数日前、そのオブジェが夢に出たんです。

それ以来、気になっていて、「今度実家に行ったときに、自分のところに持ってこよう。」と思って、
家に入り、忘れないうちにしまおうと思った瞬間に凍り付きました。

「無い!まさか・・・」

母に「どこかにしまったか?」と尋ねると、「わからない・・・」という答え。

そのうちに、「誰かに売った・・・」と言う。

「ああ。やられた!」と思いました。
一切の書類もなく、母の財布の中身が2000円増えていました。

「・・・・・」呆然とするしか無かった・・・・


実家のぼけた母を詐欺に掛け、まんまと彫刻を持って行かれたのです!!

警察に電話して相談しましたが、肝心の現物の写真が家には全く、まずはその写真を探すことから始めなくてはいけない状態。
記憶にはあるのだが、記録がない・・・・最悪です。

現物は、白い正方形の大理石の土台(高さ2センチ・8センチ四方のものと推測)に
金色の甲を被った騎士のような顔(金属製)が乗っているものです。総体で、高さ12センチくらいでしょうか・・・・

どこかに出せば、すぐに向井先生の作品だとわかるものですが、一体どんな奴が持って行ったのかが、全くわかりません。
今は、親父の資料とアルバムをひっくり返して、写真を探しております。

なにか、情報等ありましたら、お知らせくださいませ。

 

やってくれるぜ、こいつ!/2012年5月21日(月)

今日は、人生に一度の体験を・・・・息子にさせてもらいました。
息子は、現在、国際武道大学野球部の選手。幸いなことにレギュラーとして試合に出させてもらっています。

初体験とは何か・・・・

今日、彼の大学野球生活の中で、最初で最後(4年生なので、これが最後の春のリーグ戦)の優勝の瞬間を見せてもらいました。

場所は、千葉県の市原臨海球場。千葉大学野球連盟1部リーグ。
彼は、現在、国際武道大学野球部の5番センターを任されています。

あっぱれ!
今日は、昨晩電話で約束した気持ちのいい長打(3塁打)を公約通り打ってくれましたし、
打点2,いやあ、参った。立派でした。


彼がまだ這いずり回っていた頃からボールの投げ方を教え込み、
立ち上がるとすぐに左での素振りを教えていたのを思い出します。
やんちゃで、幼い頃から「野生児」と言われていた小学生時代からずっと野球一筋でした。
中学生になってからは、「シニアリーグ」で野球漬け。お陰様で、全国大会にも出場してくれました。
この時点で、すでに僕の野球人経験を上回って、大きく成長していました。
そして、高校進学。いくつものお誘いを頂いて(もう、信じられない事態だと当時思いましたね。)、東海大相模に進学。
完全に僕の範疇ではない選手に成長・・・・
僕の夢でもあった甲子園に連れて行ってもらえると思っていました。

しかし、3度とも神奈川決勝戦で敗れ、全日本大会(甲子園大会)に出られなかったのです。

そして、大学野球に進み、努力の甲斐あって、ついに中学生時代以来の全国です。

6月12日から17日の期間で、東京ドームと神宮球場で行われる「第61回全日本大学野球選手権大会」に出場です。
まず、6月12日、11時30分から試合です。

さあ、でれになんて言われようと、我が人生と彼の人生に一度しかないこの瞬間を、息子と共に過ごさないわけにはいきません。
仕事サボって?迷惑をおかけしますが、どうかお許しを・・・・

何ものよりも大切な時間だと信じます、これは!!

 
 

断れないんだよね・・・・/2012年5月16日(水)

こんな仕事だから、昼間に家にいることも多い。
主婦の方や老人たちはこんなに多くの甘い誘惑?されているんだなあとつくづく思ってしまう。

それは、セールスの人たち。

今日は、「ダスキン」のお兄さんが来た。
長々(時間にしては5分以内だろが)と、きちんと説明を聞いて上げた。

途中で止められないんだよな・・・・・

結局、お試しで、モップを2種類預かった。
早速、床に棚にごしごししてみた。
「ダスキン」は、「ダスキン」だ。
それなりに、そいつの良さをわかっている。(劇団のモップもダスキンさんだ)


問題は、ダスキンさんでなく、断れない・・・・その・・・・つい。応答してしまう自分についてだ・・・・

「ピンポ〜ン
」となると、「は〜い」と答える。
そのあとが勝負なのに・・・・
俺の答えは、「は〜い、ちょっと待って!」

で、必ず話を聞いて上げるのだ。

ああ、この間もやった。
「メグミルク」の事業を始めたばかりであろうセカンドライフを生き生きと過ごす初老のセールスマンにやられた。
サンプルを山ほど受け取ってしまった。
結末は見えているのに・・・・

断るのに、なぜか、罪悪感を覚えながら、なんとか2週間後に断った。


意思が弱いのかな・・・・
テレビショッピングにも結構弱い。

ああ、自分・・・・情けない・・・・

 

今日も頑張っていたからご褒美を/2012年5月14日(月)

毎日のたったひとつの贅沢です、これ!

こいつを飲むこと。
「サッポロ・ラガービール」って知ってますか?ほとんど市販されてませんよ。
酒屋に頼まないと手に入らない。たまに居酒屋にはあることもありますね。
こいつを近所の酒屋さん「すえひろ」にお願いして、ケースで配達してもらっています。
そう、新宿の芝居屋の巣窟?居酒屋「千草」にはあるね。

晩酌ビールを何にすべきか、第三のビールをかっくらうか、うまいのをきっと飲むか、どこにでもあるスーパードライに甘んじるか・・・・
いや、俺には、北海道の血が流れている。それ故、伝統の味、サッポロラガービールしかない!

まあ、とやかく言っていますが、一度、飲んでみてくださいよ。
どうしてもそのチャンスがない人は、いいから、うちに飲みに来なさい!

ちなみに、ビールによって、カロリーやプリン体の数値が違うの知っていますか?結構高いんですよ、スーパードライ。
キリンなら、ラガーと一番搾りなら、一番搾りの方が高めです。なんて、ビールうんちくしながら飲んでます。ああ、もう空いちゃった・・・・

 

マイ・ファーム/2012年5月12日(土)

マイ・プランターファームのハーブ。その中のセージの花が咲きました。うまく撮れてないね。
バジルは、花が咲かないうちにちびちびと葉を収穫していますが、先日の雹で、半分が打ち砕かれて枯れてしまいました。
あとは、4種類のローズマリーとオレガノ。我が家のローズマリーのなかで、白い花が咲く奴があるんです。楽しみ。
ああ、ローズマリーも花が咲く前の方が香りがいいかな。
とにかく、プランターから頂いてフライパンへ放り込むってのが、いいんじゃない?

ちなみに、トマトもいます。2種類のトマトを育成中。一つは、サラダ用。もうひとつは、調理用のトマト。
カラスにやられないように注意が必要なのだ。
近所の小さな趣味の畑から収穫を控えた野菜たちを毎度略奪していくけしからん奴がいるのだが、
そいつは、まだ、捕まらずにいるのだ!たった一つのブロッコリー、なす、トマトを返しなさい!
ほんと、捕られてしまった農場主はかわいそうだなあ。

  

 

う・ひょ〜/2012年5月10日(木)

もう3時間ほど前になりますが、自宅(横浜市港北区)で作業中に、突然、直径2〜3センチはあろう雹が5〜10分くらい降りましたよ。みなさんのところはどうでした?なにか、千葉マリンスタジアムでも降ったなんてニュースでやっていましたが・・・・目の前に駐車している我が車「カングー」のフロントガラスが割れるんじゃないかと思うくらいの激しい降り方でした。それと、育てているハーブとトマトのプランターも雹が降り積もり、まあ、大変な事になっておりました。今は、太陽が顔を出しています。こんな天気だったっけなあ、昔は・・・・そうだ、高校球児の時代のことを思い出しましたよ、今。高校三年の春ごろでしょうかねえ、休養日が欲しくて、前日の雨をすったグランドに監督が来ないうちに、三年のみんなでグランドに思いっきり水まきして、「雨で使えませ〜ん」なんて、やったこともあったっけなあ・・・・何回か・・・・あれがなけりゃ、甲子園だったのかなあ・・・・と、ひとり思う。

 

大変ご無沙汰しておりました。/2012年5月3日(金)

「ご無沙汰しておりました。」とは書いてはみたものの、だれの為にかいているのだろう。読んでくれている人などいないかもしれない。
まあ、ここはそれでもいいページなのだ。
トップページにも書いたが、「mixi」、「facebook」、「twitter」などに参加しているのだが、幽霊部員だな。
どうも自分の「ひとりごと」を共有しようという気分にならない。
きっと時代遅れのおっさんなのだろう。

下の文章を書いたのは、あの震災の前だったんだな。
あの日を境に何もこういうところに何も書けなくなった。
何かを書こうと思うんだが、書けないでいた。

そうこうしているうちに、今度は親父が逝ってしまった。
それからは、「普通」を装って暮らし、たくさんの人たちにも接しいたが、そうしていたに違いない。


あらためて今申し上げます。
皆さん、本当にたくさんの暖かい励ましとお心遣いくださいまして、本当にありがとうございました。

今、自分の事を振り返り、そしてまた、これからの自分の人生を思う時間に出くわしているというか、暇なのだというか、そういう思いになる時期なのだろうか、
あれこれとたくさん頭を巡っている。

もしかしたしたら、自分は今まではただのガキで、これからが本当の人生なのではないのか、
いや、やっと、遅ればせながら、自分に対して前向きにきちんと世の中に自分を刻んで生きていかなければいけないと思えるようになったのだろう。
それは、単純に年齢になのかもしれないが。


 

いずれにせよ、空白の一年を過ごしてしまいました・・・・

 


3月ですね。/2011年3月1日(火)

昨日の雨のお陰で、空気という空気から花粉をしっかり洗い流し(僕はまだ花粉症ではないのですが。)、雨だけど、気持ちのいい感じでしたね。
そして、すっきりと、晴れてはいませんが、気持ちのいい3月を迎えました!!
とはいえ、僕はね・・・・細木数子さんによると、大殺界の真ん中の年の大殺界の真ん中の月に突入なんです。怖いひと月だなあ。
どうか、僕のまわりが無事にこの時期を過ごせますように。
気持ちをしっかりと引き締め、ひとつひとつの仕事をきっちりとやっていく所存です。
やる事は、沢山あるんですよ。仕事の他に、大学野球(千葉大学1部リーグ)を見に行かなければならないし、芝居も観に行かなければ。
人との出会いも大切に。
台本も書き上げなくてはいけないなあ。
大殺界。うん、自分の健康にまず、注意だな。


鬼ごっこしました/2011年2月26日(土)

二日酔い等全く無く、元気な朝でした。已然声だけが駄目ですが。午後、横浜の学校、演劇部に久しぶりに行ってきました。3月19日の「卒業祝賀会」に向けて、一年間の集大成の公演の稽古でした。
行ってみると、稽古が始まったばかりだったようで、カーテンの影から様子を聞いておりました。あれ?盛り上がってないなあ・・・・
一段落した所で、カーテンを開け、中に入り、顔を見ると、これまた、暗い。もう何で芝居やってんのかわからない状態であると察しました。
まあ、早い話、目標を失ってしまったのか、ただ、時間が過ぎるのを待つようにくり返し稽古をしている日々だったようです。
「今の君たちは、これこれこのような情況に陥っているよ。もう一度、リフレッシュして、取り組まないとね。」と話し、「よし、鬼ごっこしよう!!」と、外に飛び出しました。
約1時間、本気モードで一緒に鬼ごっこしました。結構楽しそうにのびのび走り回って、地面にみんなでひっくり返って空を眺めて・・・・
なにか、一緒に子供たちと遊んでいなかった自分に気付きました。
ごめんね。また、一緒に遊ぼう。そして、思いっきり、芝居しようぜ。
今度は、絶対に鬼にならないぜ。


久しぶりに外に出て/2011年2月25日(金)

昨晩は、ミュージシャンの村井利徳くんと自由が丘でビールを飲みました。村井君ともかれこれ5年くらいのおつきあいです。大切な友達であり、僕の芝居の音楽部分を支えてくれている熱い思いのある男なのです。
二人ともビール8杯づつはいったかなあ。それでも悪酔いせず、真摯に音楽と芝居とで、どうこの時代に切り込んで行くかという話に夢中になり、「閉店で〜す」と言われるまで、夢中で話し続けました。
というわけで、せっかく治りかけていた声が、また、かすれています。あ〜あ。でも楽しかった。帰り際、月1回は、このミーティングをする事をお互い確認しあい、帰路につきました。
ああ、何の打ち合わせだったかって?2011年のミュージカルの話でした。


いや〜この一週間

ずっと、調子悪いんですよ。張り切ってクラブ活動しようとした矢先、風邪引いたようで、しかもずっと治らない。病院?珍しく、ちゃんと行きましたよ。でも、駄目!
おまけに、のどを攻撃され、もうお手上げです。声が出ない。しかし、色々とやらねばならない仕事があります。う〜ん、頑張れ。畜生!!しかし、なあ、やっぱり、歳なのかなあ。
早く治して、鍛えるぞ。


実は・・・・・

2011年、クラブ活動を始めました。って、何じゃ?
某スポーツクラブに必死に通い詰めている自分です。若い奴に負けないぞ〜。
ついでに、目指せホノルルなんて、勝手に言ってますが、今は10キロ走れません。先日、5キロ完走したばかり。

こらこら、お前!!そんな男じゃなかったろう。恥を知れ恥を!