何の変哲もない立方体が目の前にある。その空間に思うままに線を引き、切り刻む。

線と線が交錯すると、面が生まれいくつもの空間が存在して来る。

すると、何かが見えて来る。人間が息づく世界が、自由な世界が。

そこに入ると、どうしても遊び心をくすぐられてしまうんだ。

 
 
 
 

☆横浜市港北区民ミュージカル『ウロボロス 創世記』
 (2015年 12月18日・12月19日・12月20日 港北公会堂 )

演出:内田潤一郎
照明:若井道代

 
 

☆劇団マスク旗揚げ公演『かくも賑やかな人々 第一話 立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花』
 (2015年 10月31日・11月1日 テアトルフォンテ )

演出:内田潤一郎
照明:古宮俊昭

 

2015年8月 NHK東京児童劇団『銀河をたどれば君のところへ』
演出   廿樂考治
劇場   銀座ブロッサムホール

 
 

☆J-STAGEWORKS公演『『活・感・観・館・劇・会』みごとな女・楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜・紙風船』
 (2015年 6月7日 スペースオルタ )

演出:内田潤一郎
照明:松島勉

 
 

☆横浜市港北区民ミュージカル『ウロボロス』
 (2015年 1月30日・1月31日・2月1日 港北公会堂 )

演出:内田潤一郎
照明:若井道代

 
 

2014年8月 NHK東京児童劇団『見習い天使のオトシモノ』
演出   廿樂考治
劇場   銀座ブロッサムホール

 

2014年1月 港北区民ミュージカル『ICE』
演出   内田潤一郎
劇場   港北公会堂

 

2013年8月 NHK東京児童劇団『夢見が森の子どもたち』
演出   竹内照夫
劇場   シアター1010

 

2013年1月 港北区民ミュージカル『凍れば 凍るとき 凍れ!』
演出   内田 潤一郎
劇場   港北公会堂

 

2012年1月 港北区民ミュージカル『MIRACLE ISLAND』
演出   内田潤一郎
劇場   港北公会堂

 

2010年12月 港北区民ミュージカル『かくも賑やかな人々』
演出   内田潤一郎
劇場   港北公会堂

 

2010年9月 劇団目覚時計『語りと音楽のファンタジア』
演出   武内悦子
劇場   国立オリンピックセンター記念青少年総合センター大ホール

 
 

2010年劇団民藝稽古場公演『他人の目』
演出   内田 潤一郎
劇場   劇団民藝 稽古場

 

2009年12月 港北区民ミュージカル『フランベ』
演出   内田潤一郎
劇場   港北公会堂

 

2009年4月 港北区民ミュージカル『オムニバス3』
演出   内田潤一郎
劇場   港北公会堂

 

2008年『FIFTY FIVE WORDS,FIFTEEN SIGHTS  ―Amnesia Remix―』
演出   笠原 拓郎
劇場   ラゾーナ川崎プラザソル

 

2007年12月 港北区民ミュージカル『オムニバス2』
演出   内田潤一郎
劇場   港北公会堂

 

2007年『妖怪たち』
演出   内山 鶉
劇場   早稲田大学小野梓記念講堂

 
 
 

2006年12月 港北区民ミュージカル『オムニバス』
演出   内田潤一郎
劇場   港北公会堂

 

2006年 『悪戯な姉妹たち』
演出   渾大防 一枝
劇場   新宿スペース107

 

2002年 劇団民藝稽古場公演『シジフォス・ユーロ』
演出   
渾大防 一枝
劇場   劇団民藝稽古場

 

この台本を最初に読んだ時、主人公がなぜだか走り回ってのたうち回って欲しいと思った。

白い空間 鏡 多面 錯覚・・・・錯乱 遊び・・・・思い浮かぶもの

挑戦 あらゆる障害との戦い・・・・デザインの邪魔をするもの

稽古場公演では無謀と思えるセットを存在させる。やれば、できる!

根性と努力と技術で役者達の存在を引き立てようじゃないか!

負けてたまるか!やってやる!

僕は、できる限りやりますよ!後は、出演する皆さん、頑張ってください!

こんな独り言を毎日言いながら、この装置は完成したのである!

 

2000年 『景清拘留2000』
演出   高瀬 一樹
劇場   シアターX

 

ニューヨークからの高瀬氏の電話の様子で、再演であって、再演ではないと思っていた。
「何もない空間」を目指いたいと思った。
不要なものはすべて削除して、シャープな舞台を作ろう。
鉄骨を宙に浮かせ自由に動かせるようにして、必要なところに空間を生み出す事と、全体に牢獄のイメージを作った。

それから空間を観客に掴んでもらう為に、あれこれ迷ったが、結局、背のすごく高い椅子を舞台に配置して、独房や出入口のイメージを作った。

 

1999年 『景清拘留』
演出   高瀬 一樹
劇場   シアターX

拘置場を舞台にした芝居。
高瀬氏は、口癖のように「ニューヨークではこうだった・・・」と言って、
裏から投影できるスライドと大きなスクリーンが必要で、自由な空間も広く欲しいと注文してきた。

Xの舞台はニューヨークより遥かに狭い。

どうにかして、あちらと同じ芝居を、いや、それ以上に面白い空間の舞台を作り出せないか悩んだ。

そして、舞台奥全体に緩やかにカーブを描いた壁をグレー紗で作った。

拘置場の壁のイメージでもあり、スクリーンでもある。

 

1999年 劇団民藝稽古場発表会『リトル・イヤーズ』
演出   中山 エミ
劇場   民藝第ニ稽古場

主人公の脳裏に刻まれている過去。そして現在。この二つを、芝居は交錯する。
そして、その人間を取り巻く人間たちのそれぞれのシーンまである。この十以上のシーンを瞬時に転換させたい。
舞台中央には、ずっと、大木がある。

こんな注文にどう答えるか。

まず私は、舞台全体を主人公の渾沌としたイメージの空間と考え、
メタリックな変則的な壁ですべてを囲み、現在の人間たちへと結ぶ為に4つの出入口を作りたいと思った。

ははは・・・・劇団内だし、発表会だから、予算はないに等しい。
当然ながら、金属は使えない。
そうなれば、努力とアイデア次第で作り上げるしかない。

僕の仕事は決まってそうだ。しかし、無から有を生むことは、実に面白い。

 

1996年 劇団民藝稽古場公演『ブラッド・サッカー』
演出   横島 亘
劇場   民藝第一稽古場

三枚のパネルを使って、各場面を作ろう。

要するに、予算も、人手も、何にもないところから何が出来るか?ここがカギ。

俳優が転換しながら演技を続けられるようにという演出から、シンプルでなおかつ、アクティブな装置をつくるために、
ワゴンにパネルを乗せ、表情と高さの違うリバーシブルにして、その組み合わせで場面を構成してみた。

 
 


*舞台装置に関する「よろず相談」乗ります。

  幼稚園・小学校・中学校・高等学校・大学生の皆さん、公演・発表会の大道具、相談に乗ります。

  「やったことがない」「わからない」「作れない」「金がない」・・・・とにかく、お話を聞きますよ。

  アマチュア劇団・セミプロ劇団の皆さんのお話も聞きます!!

  とにかく、まず、聞いてください!!どうぞ、お気軽に!

   ご質問・お問い合わせは、jstageworks@gmail.com まで。